安心で納得できる取引きのために

不動産を売ったり買ったりすることに慣れている人は少ないでしょう。なので、売るほうも買うほうも、その不安が付きまといます。そもそも、何からやればいいのか分からない、どういうことに気をつければいいか分からない・・・そんな疑問、不安は誰もがフツウに抱くことでしょう。

家いちばでは、商談成立後の売買契約の前に、国家資格のある宅地建物取引士が物件の基礎調査を行い、両者に納得のいく説明をして、しっかり合意の上で取引きが成立するようにアレンジします。(国が定める媒介業務、重要事項説明を行います。)

家いちばの特徴として、問い合わせから商談成立までは、売り手と買い手が直接交渉をし、商談が成立して契約・引き渡しまでは、不動産のプロがしっかりサポートをするという「2つのプロセス」で構成されています。これにより、直接取引の自由さ気軽さと、専門の資格士が間をとりもつ安全性との両立(いいとこどり)を実現しています。

安心な取引きのための家いちばの「2つのプロセス」

【宅地建物取引士が行う重要事項説明】 ※標準サービス

 

  • 不動産登記簿に記録された事項の確認

  • 抵当権などの権利の確認

  • 敷地の形状、面積、道路との関係など

  • 都市計画法、建築基準法など守るべき法規制について

  • 隣地所有者などとの権利関係

  • 町内会費、私道負担などについて

  • 管理組合、管理規約等(マンションの場合)

  • 電気、ガス、水道などの利用可能状況

  • 耐震診断、アスベスト、土壌汚染調査の有無

  • 瑕疵担保責任の範囲等

  • 手付金、保証金等の保全措置

  • 契約解除、契約違反に関する事項

  • 付帯設備の状況説明

  • その他重要な事項(浸水マップ、騒音、近隣施設など)


※家いちばを利用して取引成立となった場合の手数料に含まれます。

>>家いちばのサービス全体の流れ

 TOP | 1 | 2 | 3 | 4 

掲示板を見る

掲示板に投稿

地図を見る

キーワード検索

カテゴリーで探す

Copyright © 2020 Ieichiba Co., Ltd. All Rights Reserved.