競売で買った投資用一棟ビルを賃貸併用住宅として住宅ローンで買ってもらうことができました

千葉県松戸市常盤平 T.Oさん

 

競売に出ていた物件を投資用不動産として落札して6年ほど所有していましたが、昨年冬に空室が立て続けに発生してしまい、このまま所有し続けるよりいっそ賃貸併用住宅として売却して利確した方が良いと判断しました。商談を確実に成功させるためには好条件のローン付けがカギになると思い、近隣の金融機関に本物件を賃貸併用住宅として利用しながら住宅ローンが使えるかどうか片っ端から聞いて回りました。結果紆余曲折有りましたが、何とか住宅ローンを付けてくれる金融機関が見つかったので買主様にご紹介して結果ご購入頂く事が出来ました。今回の売却活動では家いちば様だけでなく、楽街や建美家等の投資用不動産を扱うサイトをはじめ地元の不動産業者様など思いつく会社&サービス全てに売却依頼を出したのですが、結果、家いちば様以外からの問い合わせは数件、内見頂けたお客様は一名様にとどまりました。かたや家いちば様からの問い合わせは全部で8名様ほど、内見頂けた方も3名いらっしゃいました。正直、失礼ながら家いちば様では本物件の様な3千万を超えるような賃貸併用住宅は売れないだろうなと勝手に思っておりましたが、ふたを開けたら売却を頼んだ他の業者数十社より家いちば一社から来た問い合わせ数の方が多かったので本当にびっくりしました。反省点としては、最初某金融機関から住宅ローン問題なく出せますよ、と言われたので買主様にご紹介したら、後からやっぱり出せないと言われてしまい、買主様にご迷惑をお掛けした事です。もっと事前に金融機関にはきちんと審査をして頂いて問題なく融資頂ける事を一筆頂いた後にご紹介すべきだったなと思っております。今回はありがとうございました。将来的に売却したい不動産がまだありますのでその時はまた是非よろしくお願いします!要望ですが、可能なら買主様や家いちば様とのメッセージのやり取りをメールではなくSlackやせめてFBMessengerなどでやらせて頂けると過去のやり取りを見返すときに楽なのになと感じておりました。もしご一考頂けますと幸いです。若しくは御社HPに同等の機能を組み込んで頂けると大変便利だと思います。

自己採点:80点

 

 

 

 

 

 

 体験談一覧にもどる

 

 

 

Please reload

草津温泉に近い懐かしさが残る民家、立派な倉庫もありレジャーにも

京都北部の海沿いの町、築100年の古民家に蔵と小さな畑もあります

退職後の居住地として買った能登半島の街なかの一軒家ですが今は空き家です

昔懐かしい大黒柱や梁と土間のある空き家、畑もできます

1/2
Please reload

カテゴリーで探す

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです
 

掲示板を見る

掲示板に投稿

地図を見る

キーワード検索

カテゴリーで探す

Copyright © 2020 Ieichiba Co., Ltd. All Rights Reserved.