天然木のスプールス材に囲まれた大型可動式テントハウス、田舎暮らしの願望を満たしてくれます


日本では、全く普及していない大型可動式テントハウスです。米国のPasific Yurtsが古くから製造販売しているモンゴルのパオや米国古来民族のティーピーを発想の原点とした素晴らしい高級テントハウスです。内外二重のテント素材で包まれた快適な広い空間。このYurtsは直径24フィート。天井階高は2.5メートルに及びます。


断熱シートの内張と天然木のスプールス材に囲まれた空間は、もはやテントではありません。創意工夫によって、素晴らしい空間の創設ができます最近のコロナ問題・リモートワーク・キャンピングカー流行り・田舎暮らしなどなどの願望をこの高級なヤーッ空間が満たしてくれるはずです。


・世界最高級のテントハウスです。蓼科の地に、建てられてから20年ほどが経ちますが、内部空間の素材は、当時そのままで保存されています。

・所定の用地までの解体と移動を要しますが、専門的な工事は要しません。

・特筆すべきことは、内装天然木材のすばらしさです。

・設置すべきベッド・洗面台・水洗トイレ・エアコンなども残してあります。

・外装カバーシートは、実費で交換可能です。

◉現在地での使用をお考えの方:

・現在の位置から数十メートル離れた位置に移動させる必要があります。

・素人でも移動・再築ができますが、最低でも3名必要です。

・20余年の間に汚れた外壁用材は、洗浄・再使用するよりも安価な新素材を購入した方がよい→Yurtsから直送。

・移動先場所には、電気・水道設置可

・浄化槽設置の要あり(県条例による)

・移動敷地(250~500坪)での、「土地転貸借契約」締結を要する。

◉別の敷地に移設をお考えの方:

・構造材料の解体は、DIYのご経験のある方でしたら難しくはありません。但し、2~3名の助っ人を要 します。移送用トラックは、2トン車でギリギリかもしれません。


【物件概要】※古屋付土地(現状渡し)となります

場所:長野県茅野市北山

土地:250~500坪

建物:高級可動式テントハウス

構造:堅牢な可動組み立て構造

現況:未使用

希望価格:140万円(解体・移設・補充資材費を除く)



※地図の位置は物件近傍を示しています





カテゴリーで探す

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです
 

掲示板を見る

掲示板に投稿

地図を見る

キーワード検索

カテゴリーで探す

Copyright © 2020 Ieichiba Co., Ltd. All Rights Reserved.