広島郊外の空き家、解体するつもりが豪雨で延期になりやはりそのまま売ることに

広島県広島市

私の実家です。両親が他界してから15年程空き家になっています。私自身は駐車場として、時折使用しています。一度解体することを決意して、タンスなどの木材以外は処分しました。解体予定時期に広島の豪雨災害があり、業者さんの都合で予定が流れてそのままになっています。大きなタンス類があり、自宅内をすべて空にして処分してお渡しするのは難しいです。 築45年であり、空き家となってから15年経過していることで、居住するには修繕が必要ですが、どの程度費用がかかるかわかりません。台所の床について、床の状態が悪く、全面的な張り替えが必要だと思います。キッチンについても、一式交換が必要だと思います。電気の利用料は支払っており、電気はつきます。駐車場は、自宅下にありコンクリートに囲まれており、青空駐車ではありません。固定資産税は年2万円くらいです。滞納はありません。 団地の上部にあるため、水害の危険性が少ないところです。これまで、災害にあったことはありません。さらに300mほど上部には、広大な変電所があります。その事で土砂崩れの心配もありません。災害に強い団地だと思います。 【物件概要】※古屋付土地(現状渡し)となります 場所:広島県広島市東区馬木 土地69.12㎡ 建物:1階27.18㎡、2階25.67㎡、3DK(1階和室6畳、キッチン・2階6畳×2)、昭和47年建築 現況:空き家

掲載終了しました
※ 現在、この案件のお問合わせを受付けておりません。

近隣風景

近隣風景

近隣風景

近隣風景

広島市森林公園(現地から3km)
https://www.jalan.net/kankou/cit_341020000/

広島市森林公園(現地から3km) https://www.jalan.net/kankou/cit_341020000/

広島東照宮(現地から10km)
https://www.jalan.net/kankou/cit_341020000/

広島東照宮(現地から10km) https://www.jalan.net/kankou/cit_341020000/


掲載終了しました
※ 現在、この案件のお問合わせを受付けておりません