下呂市の秘境、川の水が飲める大自然で暮らしてみませんか


ご覧いただきありがとうございます。下呂市萩原町山之口は下呂市の再北西端に位置しており、高山市と接しております。日本海と太平洋の分水嶺になっており、分水嶺から流れ出す水は今でもとても綺麗で川の水をそのまま飲んでも病気になるようなことはありません。この家の水源も分水嶺から取っております。萩原町市街から山之口への道は約12㎞で、車でおおよそ15分の距離です。また山之口から位山峠を越すと高山市一之宮にすぐに行けます。今はその道は工事中ですが、2021年ごろに全面開通する予定です。

また夏になるとキャンプや釣りのお客さんが大勢来られにぎわう場所です。山之口区内の釣り大会や文化祭、盆踊りなども行われております。そして山之口の北には岐阜大学農学部の原生林があり、遊歩道を歩けば、大自然の原生林を間近に見ることも出来ます。これから先の時代にとってもっとも自然と親しみながら暮らしていける場所の1つだと思っています。

お譲りする物件は山之口にあります大きな古民家になります。間取りは13DKになります。掛け造りといって石垣に掛けて造られた珍しい物件です。この地区では他にも掛け造りの家があります。かつて山之口の木材を切り出し、馬でここに使われる梁を運んできたということで歴史を感じます。写真をご覧いただければだいたいの外部、内部の雰囲気は分かると思いますが、とにかく広いです。宿泊施設も出来そうです。4年前に現所有者が障害者の方が仕事をする事業所を起こすために譲っていただいたのですが、そちらも一区切りがつき、次に有効に使っていただける方を探しております。

土地の広さが570㎡ありますが、固定資産税上の土地面積が120㎡で、450㎡は地目が農地になっていて、農業資格がある方は購入が容易ですが、そうでない場合には相談が必要になります。

上述しましたがとにかくウリは山水はじめ自然に溢れている点です。このご時世こうした地域は今後貴重になってくるものと思われます。大自然に囲まれておりますが、街中へのアクセスは10分少々で行けますし、スーパーはじめ何でも揃っており不便さは感じません。是非一度ご見学にお越しください。お待ちしております。

※田畑の土地は原則として、農地法が適用され、売買や用途転用に際して許可申請が必要となり、条件を満たさず許可が下りない場合もあります。詳しくは地元の農業委員会などに問合せが必要です。

【物件概要】※古屋付土地(現状渡し)となります 場所:岐阜県下呂市 土地:農地450㎡ 宅地120㎡ 建物:235.38㎡(延べ床面積)地階76.90㎡、1階83.92㎡、2階74.56㎡ 構造:木造 現況:空き家 希望価格:

【掲載終了】

がんだて公園(現地から22km)

https://www.jalan.net/kankou/cit_212200000/

下呂温泉合掌村(現地から22km)

https://www.jalan.net/kankou/cit_212200000/

カテゴリーで探す

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです
 

掲示板を見る

掲示板に投稿

地図を見る

キーワード検索

カテゴリーで探す

Copyright © 2020 Ieichiba Co., Ltd. All Rights Reserved.