私たちが育った田舎にある家、空き家になったので売ります


私達が育った田舎にある家です。父は生前中、年に2、3回別荘みたいな感じでこの家を利用していました。その父が去年亡くなって以来空き家状態になっています。今年の1月に家の状態を調べる為に久しぶりにこの家を訪れました。最初外観の劣化に驚き処分という言葉も頭をちらつきました。ば、1週間程実際に住んでみて壁の亀裂とかはあるものの中はしっかりしていてどなたか住んで下さる方が見つからないものかと今は思っています。今回滞在中荷物はかなり処分しましたが状態の良い洗濯機、冷蔵庫、ちゃぶ台、ソファ、ヒーターなどはとりあえず残しております。

写真の家の見取り図は当時のもので間取りは変わっておりませんが囲炉裏などは処分しており若干内容は変わっております。壁に亀裂が入っていたり家に蔦がからまっていたり、障子や襖も破れているところが沢山あります。特に外側が痛んでいます。しかしながら、中は10~15年程前に父が職人さんにいろんな所を修理してもらったりトレなども新しく作り変えていて即入居して生活が出来るレベルだと思います。又、他に畑、山などもあるので農業を始めたい方、自給自足を考えておられる方など向いていると思います。土地は長年放置状態なのでまずは基盤整備から始めないといけないと思います。

【物件概要】※古屋付土地(現状渡し)となります 場所:大分県佐伯市 土地:291㎡ 建物:平屋部分は昭和33年、二階は昭和40年建築 構造:木造 現況:空き家

【掲載終了】

カテゴリーで探す

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです
 

掲示板を見る

掲示板に投稿

地図を見る

キーワード検索

カテゴリーで探す

Copyright © 2020 Ieichiba Co., Ltd. All Rights Reserved.