「AERA」で紹介されました

2020年2月24日

「家余り」をフル活用する ~

「老後に備え家を買う」に縛られない生き方

 

 
2020、アエラ、朝日新聞出版

https://dot.asahi.com/aera/2020022000011.html

 

  

 

 お知らせ一覧へ

 

 

 

Please reload

霧島連山を見渡す高台の広い芝生と建てたばかりの家ですが、訳あって手離します

瀬戸内海がすぐ前の菜園付きの実家、母屋とまとめて売ります

鹿児島市の郊外のいちご売り場だった畑を売ります

伊豆修善寺の温泉付き別荘を親孝行のため買いました、風呂からも居間からも富士山見えます

1/2
Please reload

カテゴリーで探す

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです
 

掲示板を見る

掲示板に投稿

地図を見る

キーワード検索

カテゴリーで探す

Copyright © 2020 Ieichiba Co., Ltd. All Rights Reserved.