家をずっと建てないままの青梅の土地売ります


この土地は、1987年にいずれ自分の家を建てたいと思い購入しました。しかし当時は仕事が忙しく勤務地(現住所の調布近辺)から遠いため、定年退職後に、デザイナーハウスでも建てようと思っていました。いずれ子供達の誰かが建てるために使うかもしれないとも考えておりました。しかし、定年退職後に家庭の事情が変わり、子供達も東京を離れこの土地に家を建てる可能性がゼロになり、固定資産税や相続を考え売却を決断しました。ところが不動産屋は買い手が見つかりそうもない、収益性のない土地と判断し取り扱ってくれる不動産屋が見つかりませんでした。そこで、敷地の西隣にお住いの方に売却を持ちかけましたが、一部の分筆購入なら考えても良いが、全部は無理とのことでした。しかしながら、分筆するとますます家を建てることは不可能になりますので、このサイトを利用して購入者を探そうと考えました。 実際に家を建築するためには、擁壁工事などに相当の金額がかかると思いますが、北側の青梅山林公園の眺望は素晴らしく、環境の良いところに住みたいとお考えの方には適しているかもしれません。また、アクセスも良く、東青梅駅から徒歩8分で、都心まで青梅特快で通勤されていた方もいるようです。価格は相談に応じ格安にするので、可能な限り早くご連絡頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します。 【物件概要】 場所:東京都青梅市勝沼2-205-33 土地:171.30㎡(51.81坪) 現況:更地

【掲載終了】

JR線・東青梅駅南口

敷地への登り坂入り口にある聖母幼稚園

敷地付近より見える北側の山林

青梅鉄道公園(当該敷地より5分ほどの場所)への案内板

青梅鉄道公園付近にある勝沼神社

地域のふれあいセンター

現地より1分のところにある地蔵の祠

現地の北側道路坂下より見た写真

カテゴリーで探す

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです
 

掲示板を見る

掲示板に投稿

地図を見る

キーワード検索

カテゴリーで探す

Copyright © 2020 Ieichiba Co., Ltd. All Rights Reserved.