掲示板を見る

掲示板に投稿

地図を見る

キーワード検索

カテゴリーで探す

Copyright © 2019 Ieichiba Co., Ltd. All Rights Reserved.

祖母が晩年を過ごした伊豆の昭和風別荘、値下げします

 

 

この物件は、東京在住の先先代がこの一帯で真っ先に最も眺望のいい土地を購入し、東京の大工を連れてきて建設された堅牢な戸建てです。周囲より高台に位置するため、眺望、日照、プライバシーとも抜群です。宇佐美湾、初島方面、東伊豆の海が一望され、海からの日の出を見ることができます。庭も広く、みかんの木もなり、とても落ち着ける物件です。また土地は登記面積と違って概算でも100坪を超えており、家庭菜園なども十分可能です。

 

私の妻の祖母が、長年携わった浅草での旅館の経営から退き、この別荘地でまっさきに見晴らしのいい土地を購入し、ここで十分定住できる二階家を建てて、晩年を過ごしたのは、昭和53年(1978年)1月からのことでした。祖母は季節によって、東京の家と、宇佐美を行ったり来たりし、また子供達の家に順番に訪れて過ごしたとのことです。

 

 

標高100mを超す高台にあって大変眺めがよく、台所で炊事をしていると窓の外にははるかに宇佐美の海水浴場が見渡せることが、祖母のお気に入りだったということです。東京から大工をわざわざ呼んで建てさせた和風の住戸で、玄関は落ち着きのある佇まいで、梅の木が植えられ、ここから門を見やると、下ったはるか遠方にホテルサンハトヤの建物がちょうど見え、海が望めます。当時は庭にみかんの木がたくさんあり、収穫の季節には、おいしいみかんを食べていたとのことです。現在は、みかんの木が一本だけ残っています。私の妻は小学校以来、妻の母親と共にできたばかりのこの家を訪れた記憶があります。

 

宇佐美駅から国道沿いに歩き、途中山に向かう農道に入り、急な坂道を上って行くと、いくつかの別荘を通ったあと、高台のトップに、この建物が現れます。妻は義母と別荘に滞在中、さらに奥の道を散歩して楽しんだとのことです。その後祖母は亡くなり、家は義母と義母の弟のものとなりました。義母は義父と一緒に、自宅のある逗子からは場所が近いこともあって、よくこの別荘に訪れていたようです。その後、義母は私が妻と結婚した後の平成18年(2006年)に他界し、家は義母の弟が権利放棄したため、義父に引き継がれます。

 

義父は車好きで、週末の夜には車でここを訪れ、近くの温泉に入り、地魚料理を食べ、またゴルフをしたりして帰るという楽しみ方を、10年も続けてきました。その間、この家が気に入って、ベランダを増設したり、車が2台置ける駐車場を作ったりと、室内の壁紙を替えてきれいにしたりと、かなり資金を投入してリフォームをしてきました。また毎年春から夏にかけ、草刈りに精を出して庭の手入れをしてきました。現在は庭には芝生が生えて、庭の一部を畑にしています。家の中ですが、サンルーム+納戸付きの3LDKで、トイレが1階と2階にひとつずつあります。私は先日初めてこちらに行って泊まってきましたが、昭和風の落ち着いた、しっかりした造りの家だと感じました。

 

リビング、ダイニングが十分とってあり、主寝室と、二階の和室二間に十分な物入れがあり、別荘というより、普通に暮らすのに申し分のない間取りだと思います。二階の和室に泊まって、朝雨戸を開けたときに、日の光が十分射してきて、部屋中がとても明るく感じられました。太平洋からの日の出が望め、温暖な立地で、夏も冬も楽しめるところだと思います。私が住むところは標高1100mを超す山梨県の山あいで、冬は昼も氷点下というところなので、そこに比べて、のどかでまったくの別世界です。都会の方には、この温暖な別荘が、行きやすく、過ごしやすく、一年中楽しめるのではないでしょうか。

 

ここには温泉は引かれていませんが、近くには宇佐美温泉、伊東温泉、網代温泉などがあります。海水浴場はすぐそばですし、伊豆シャボテン動物公園や、伊豆スカイラインカントリー倶楽部はじめ、いくつものゴルフ場があります。別荘を下って行けば、地元でとれる地魚もおいしく、宇佐美駅周辺は開けた市街となっています。また東京に出るのには、車だと小田原厚木道路と東名高速で約2時間、電車だと伊東線の宇佐美駅から熱海経由の新幹線で約1時間半と、そう遠くない距離です。高台にあるので、津波の心配もまったくありません。

 

今回、この家を手放すことになったのは、ひとつには、義父も70代後半になり、ひと頃に比べてあまりこちらに行かなくなったためです。また私どもは、山梨在住でここからは遠いため、利用するチャンスがほとんどありません。そこでこの三代にわたって思い出深いこの物件を、手放すことにした次第です。義父はネットは素人のため、依頼されて私がこちらに投稿させていただきます。この家からの見晴らしはそれだけで代え難い魅力があり、太陽の光は燦々とあふれ、写真でご覧になる以上に十分満足していただけると思います。現地にお越しくだされば、御案内させていただきます。

 

追伸  本物件、思い切って値下げしましたので、改めて検討ください。

 

【物件概要】
築年月:1978年1月(築39年)
交通:JR伊東線宇佐美駅徒歩25分
土地面積:208.26m2(62.99坪)
建物面積:101.50m2(30.50坪)
建物構造:木造2階建て
間取り:3LDK+サンルーム、階下物置
建ぺい率/容積率:60%/200%
土地権利:所有権
接道状況:東側 約3.7m公道
住所:静岡県伊東市
その他の情報
・平成18年秋に外回り大規模リフォーム済
・屋根スレート葺き替え
・ワイドテラス新設、ペンキ塗装
・3台並列駐車可能な駐車場新設
・外装ペンキ塗装
希望価格:

 

【商談終了】
 

 

 

 

  

 

 

 

 

Please reload

洞爺湖近くの裏庭付きの家、できればリフォームされた方がよいかと思います

京都亀岡の家、突然実家に帰る必要があったため空き家になりました

名古屋のマンション、賃貸が決まりましたので投資物件としてどうぞ

伊豆にゲストハウスつくるつもりだった土地です、高台で眺望がいいです

1/2
Please reload

カテゴリーで探す

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです