バブルの遺構、なかなか売れない都内の豪邸

かつてバブルの頃、成城、田園調布に次いで3番目に社長が多く住む町として有名だったのが大泉学園です。正にその時代、そこに住んだ社長の邸宅を知り合いがビジネスごと買い取ったものです。手をかけずに処分したいとの希望です。

敷地66坪、建坪80坪、6LDK、鉄筋コンクリート造タイル貼り3階建ての豪邸です。ビルトイン車庫2台、薪ストーブ用の造り付け煙突設備があり、都内で薪ストーブライフが楽しめます。関越大泉ICのすぐ近くなので、薪の買い出しにも便利な立地です。

建物は築27年です。内装はそれなりに痛んでいますが、躯体は非常にしっかりしており、まだまだ寿命の半分も全うしていません。タイルの剥離も皆無です。この物件、嗜好性が強すぎる、規模が大きすぎる、の理由で中々買い手が現れません。

建て替えには相当な費用が掛かりますので、住みながら自分が好きなようにリノベーションするようなことが趣味の方に向いていると思います。下手なマンションを買うより資産価値の目減りが無いので、建築に関して合理的な考えをお持ちの方なら価値がお分かりになるかと思います。現在空家になっており、庭には人の背丈ほどの雑草が生い茂っています。

【物件概要】
場所:東京都練馬区
土地:66坪
建物:80坪
構造:鉄筋コンクリート造3階建て
現況:空家
希望価格:

 

【商談終了】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前のバス停からは、西武線大泉学園駅と東上線成増駅と両方にアクセス 

 

 大泉中央公園(現地から90m)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

眺望良好で構造部分は比較的しっかりしています、1年で譲渡できなければ解体予定

三重の温泉街にある洋館と宿泊施設まとめてお譲りします

丹後ちりめん工場、現状引き渡しであれば無料で構いません

1/6
Please reload

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです