米国でも片づけの魔法 - 家が広くて片づけられないという悩み

『人生がときめく片づけの魔法』が世界中でベストセラーとなっている、こんまりさんこと片づけコンサルタントの近藤麻理恵さん。今年は米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれるなどの大活躍。米国では“Kondo”が片づけという動詞として使われるほどだとか。米国で出版された本のタイトルは『The Life-Changing Magic of Tidying Up』。こんまりメソッドを体験した米国人女性のコメントが印象的だった。「家が広すぎでモノがいくらでも収納できてしまうから、今までは片づけることができなかった。この方法でようやく不要なものから解放される。」と。人は家が広くても狭くても、片づけられないという悩みを持つものらしい。年末の大掃除のついでに、今までそのままにしていた親の実家や使う予定のない土地なども、是非この機会に「ときめくか」確認してみては。

 

 

 

  

 

Please reload

Please reload

眺望良好で構造部分は比較的しっかりしています、1年で譲渡できなければ解体予定

三重の温泉街にある洋館と宿泊施設まとめてお譲りします

丹後ちりめん工場、現状引き渡しであれば無料で構いません

1/6
Please reload

こんなの買ってくれる人いるの?

自分では住まなくなった空き家。たいてい、自分にとっては利用価値がなくなってしまったものですが、人から見ると、それが宝物のように見えることがあります。自分では、客観的にその魅力に気づきにくいものです。修理しなければ使えないような状態でも、たいていちょっとお金をかければ、直せることばかりです。場所が不便でも、人によっては、そこがちょうどいいという場合もあります。

「家いちば」でできること

  • いつでも思いついた時に、気軽に物件の掲載ができます。

  • 売り出し価格がまだ決まっていなくても、掲載できます。

  • 自分の不動産でなくても(親や親戚の所有でも)掲載できます。

  • どんな場所でも、どんなに古くっても、大丈夫です。掲載の条件はありません。

  • まだ中が片付いていない、すぐに売れる状態ではない、という状況でも。

  • まだ売ろうと決めたわけではない、金額次第で売ってもよい、という方でも。

<一般的な不動産サイトではあまり見かけない物件>

1 価格が安い物件
2 売りにくい物件
3 売ることを急いでいない物件
4 築年数が極端に古い物件

家いちばは、このような物件を数多く取り扱うサイトです